備えだけはしておかないと



震度7クラスの巨大地震、そして、それにともなう大津波。
いつ、何処で、どの程度の地震津波がということは現代科学でも予測は困難です。したがって、その時に生き延びるためにはそれなりの備えをしておかなければなりません。
牟岐町では巨大地震に続き最大10mほどの津波が押し寄せるのだとか。そうなれば、海岸に近い牟岐町中心部は壊滅的被害を受けることは確実です。わが家も浸水地域に入っており一階部分のは浸水は避けられないと思っています。
とにかく高台に逃げることが大切なので、自宅裏の屋敷跡を避難場所とし、毎年4回ほど草刈りをしています。
写真に写っている屋根はわが家のです。
DSC_0926.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。