しんぶん赤旗

20歳の頃から日刊紙・日曜版の配達をさせていただいていますが、28日付の日曜版のページをめくっていると、18・19ページにオリンピックに関する記事が載っていました。自分で言うのも照れますが、改めて「赤旗」は、良い新聞だと思いました。
ドーピング、過度な誘致合戦など、改善しなければならない問題点も多々あるオリンピックですが、平和の祭典として評価する点はしっかり評価し、今後に繋げて行かなければなりません。
オリンピックの報道で、確かにメダルをいくつ取ったかということも、選手の努力がなければ出来ないことですので大事なことだと思いますが、決してそれだけではなく、五輪精神に照らして今回のオリンピックはどうであったかという視点が大事だと思います。「競い合い友情育んだ」の見出しにも見られるように「赤旗」にはその視点が貫かれていると感じられました。
_DSC4568.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。