「ゴミ焼却施設の牟岐町での改築に反対し、他町に移転を求める決議」案採択

みなさん おはようございます。17日午前6時半現在、晴れで気温は0℃。「赤旗」日刊紙と日曜版の配達を終えて帰ってきたところです。気分は(ー_ー)!!
昨日は、議会閉会日。一般質問と議案の審議が行われ、提案していた「「ゴミ焼却施設の牟岐町での改築に反対し、他町に移転を求める決議」案を全会一致で採択しました。
一般質問でも、排熱を利用した銭湯や温水プールを造りたいとする町長に対し「一見新しい発想・アイデアに思えるが、それは時代遅れの発想だ。熱源になるゴミは減っているし、これからも減る。さらに牟岐町は県内でゴミのリサイクル率は最低であり、もっと焼くゴミは減らせる可能性がある。」「旧鬼ヶ岩屋温泉の経営が破綻し、後始末もできていない段階でどこからそんな発想が生まれるのか。」などと指摘するとともに、「排出基準内といっても子や孫の代まで一カ所でゴミ焼却を続けることに住民のみなさんが健康に不安を持つのは当然であり、焼却場の位置については、3町持ち回りが適当ではないか」と質しました。
しかし、町長は、従来の主張を繰り返すばかりで最後まで方針を変えるとは言明しませんでした。
ほんとに、こんなことを議論している余裕は牟岐町にはないはずだと思いますけどね(;゚Д゚) 早くこの問題を決着をつけるべく決議もしたのですが、町長がこんな姿勢では長引きそうです。
_DSC4997.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。