12月7日は「千年サンゴの日」


牟岐沖合4㎞に牟岐大島があり、その湾内に世界最大級、年齢1000年を超す巨大サンゴがあります。その保全活動が日本ユネスコ協会連盟「プロゼクト未来遺産2015」に登録され、これを記念して牟岐町では12月7日を「千年サンゴの日」と制定しました。
昨日は、制定1周年ということで記念イベントが開催され出席しました。「千年サンゴ」の名付け親である現福山大学講師 水上雅晴さんから「千年サンゴにねがうこと」と題した講演がありました。じつは、水上さんと直接お話したこともありませんでしたし、牟岐町活性化のために尽力していただいていたことも初めて知りました。それだけに、スキューバダイビング事業が中止になってしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。水上さんが「依頼を受けるのを迷ったと」いう意味がわかりました。再開出来るよう頑張らねば。
DSC_1777.jpg
DSC_1780.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。